読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釣行費

お金以外に時間も掛かる

 釣行には必ず費用がかかります。

エサや糸・ハリなどの消耗品や、自分の食料、交通費他・・・。

私のように、海に面していないところに住んでいる人にとっては、交通費もバカに

ならないのではないでしょうか?

正直、三重県在住の方が羨ましいです。

 

交通費だけではなく、時間も掛かりますからね。

私の場合、鳥羽まで車で約2時間半です。

その分、睡眠時間も少なくなるのが辛いです・・・。

ですので、釣りの途中で必ず眠くなり、筏の上で30分から1時間程昼寝します。

昼寝しないと帰りに居眠り運転してしまう恐れがあるので。

 

f:id:tsuri_thanks:20170327215558j:plain

 

かかり釣りはお金がかかる!?

私の場合、1回釣行するのに1万5,000円ほど掛かります。

以前やっていたウキフカセ釣り(堤防)と比べると、恐ろしく高いです。

これだけ費用が掛かると、私のおこづかいでは月に1~2回しか釣行できません(涙)

渡船代はしょうがないとして、交通費を削ろうと思い、高速道路を使わず一般道を

通ってみたことがありますが、ハッキリ言って疲労度がハンパないです。

一般道なので時間が掛かる、なのでその分早起きする、結果眠い!帰りも同様です(笑)

これは若い時しかできない節約方法ですね。何回かチャレンジしましたが、40代の体力

というか、私の体力では危険です。

 

次に節約しようと思ったのは“エサ”です。

まずはダンゴ。   

コイン精米でタダでもらえる“ぬか”と、ホームセンターで買ってきた“砂”を

混ぜ合わせます。

実際に使ったところ、うまく固まらない!あとはコイン精米に行ったり、事前に配合

したりするのが面倒で止めました(笑)

 

ならば、サシエサを節約しようと考えましたが、持っていく種類を減らす勇気は

残念ながらありませんでした。

できる限り種類を持って行って、その日の当たりエサを見つけたい!という思いが

あるからです。

といっても、私の場合4~6種類ほどですが・・・。

 

しかし、かかり釣りのエサの量は、ウキフカセや落とし込み、ウキダンゴ釣り

といったほかの釣り方に比べると多いですね。

なぜ多いのかよく解かりませんが、イカダやカセが沖にあるからですかね?

ちぬ倶楽部に載っている有名な方たちのエサの量は、私からすると本当に使い

切れるのかと思っちゃうのですが、たぶん手返しの速さが違うんでしょうね。

ましてや昼寝なんかしないだろうし(笑)

 

結局のところ・・・

 かかり釣りはお金が掛かる釣りですが、私はイカダの上のプライベート感(笑)が

大好きです。

堤防だと割り込みなんて当たり前ですし、タコ釣りの人なんかは、私の竿の下に

自分の竿を入れてきますから。

 

私の努力では節約するのは無理なので、シラサエビが少しでも安価になることを

期待します!!

 

 

 

 

 

広告を非表示にする