奇跡の一枚!

 

釣行する場所を決めるため、いろんな渡船屋さんのホームページで釣果を見ると、

鳥羽の“釣り物語”さんがいい感じでしたので、先日行ってきました。

 

しかし、到着してから聞いてみると、2~3日前から釣果が芳しくないとのこと。

船に乗ってすぐ、大きなホテルがいくつか見えました。建物は古そうですが、

プールもあって立派です(あとで調べたら鳥羽シーサイドホテルでした)。

たまには釣りの帰りに泊まってみたい!と思うのですが・・・無理ですね(笑)

 

しばらくして3つ連結した筏に渡してもらいました。

初めて来る渡船屋・筏はワクワク感があります。

ただ、となりの筏との距離はジャンプして渡れる距離ではありませんが、以外と

近いです。

 

ダンゴを混ぜて、タックルを準備して、いざ釣り開始!とモーニングを始めました

が、潮が速い!

5Bのオモリをつけてもどんどん流されていくので、最後は1号のオモリを

つけましたが、相変わらず流されます。

 

そこで閃きました!

”ちぬ倶楽部”によく載っているタングステンシンカーを使った釣りをしてみよう!と。

いつか使うかもと思い、7gのタングステンをいつもタックルケースに忍ばせて

いました。

で、さっそくつけてみましたが、よく分かりません(笑)

なんとなくシンカーごと流されている感じです。

 

1時間ほど使いましたが、釣れないので正しい選択ではないと判断し、今度は

1.5号のオモリをつけました。

しかし、相変わらず速い潮に流されていきます。

あとで分かったのですが、1.5号のオモリは5.63gなので、先に使ったタングステン

より軽かったのですね・・・。

 

そのあと、海面には大量のクラゲが流されていきます。

こんなに大量のクラゲは初めてみました。

f:id:tsuri_thanks:20170702134900j:plain

潮は速すぎるし、クラゲは多いしで、やる気を削がれたので、とりあえず寝ました(笑)

 

40~50分ほど寝て再開しましたが、相変わらず潮は速いです。

それでも流れにのせて、エサを流していきました。

この日使ったサシエは、オキアミ・ボケ・激荒のサナギとコーン・シラサエビです。

あとは、甘エビがスーパーで半額になっていて安かったので、試しに使ってみました。

 

途中、20cm弱のメバルカサゴは釣れましたが、どのエサを使っても渋く、

甘エビ(身の部分)も効果無しで、昨年から数えて4連続ボーズになってしまうかも

と思いつつありました。

 

迎えの時間が迫っていたので、ダンゴを使い切り、最後の一投にしようとボケをハリに

刺して落としました。

竿を持つ右手に相当力が入っていたのが自分でも分かったので、殺気がチヌに

伝わってしまう(笑)と思い、竿をただ支える程度で軽く持って集中すると・・・

コンッとアタリが!そのすぐ後、穂先がもたれたので、思い切りあわせました!

やり取りして上がってきたのは30cmそこそこのチヌ!

嬉しすぎて叫んじゃいました。ハリを外そうとするも、手が震えています(笑)

 

ちぬ倶楽部に、「ラスト一投でキターッ!」というようなドラマチックな記事を

見たことがありますが、こんなことって本当にあるんですね!

 

シラサエビ飼ってます

前からシラサエビの飼育には興味があって、機会があったら飼ってみようと

思っていました。

理由は、エサ用にシラサエビを養殖!?して、エサ代を浮かせるためです。

 

水槽代やモーターの電気代、シラサエビのエサ代がいくらかかるのか、

情報を集め調べてみると、思ったほど掛からなそう。

ホームセンターで、水槽一式揃ったスターターセットみたいなのが3千円弱ぐらい

で売っていたので購入しました。

 

そして、この前の釣りで使ったシラサエビ。

いつもは多少余っても持って帰ることはないのですが、今回結構たくさん余って

しまったので、持って帰ることにしました。

 

大小合わせて50匹ぐらいはいるでしょうか。

帰宅してから水槽に入れました。

f:id:tsuri_thanks:20170514215033j:plain

 

次の日、水槽を見てみると、4~5匹ぐらい死んでいました。

たしか、エビがつかまって休息できるところがないといけないというのを

何かで見たので、早速水草を買いにいきました。

 

ホームセンターに行くと、いろいろな種類の水草がありました。

照明を当てるとすごいキレイだし、エビの環境にも良さそうですが、

ウチの水槽は照明が無いし、水草も腐ったら面倒なので、人工の水草にしました。

人工のも種類が豊富で迷いましたが、エサ用のエビ飼育にあまりお金を

掛けちゃいかんと思い、手頃なのを選びました。

 

エサもあげないといけないので探しみたら、エビ用のエサもちゃんとありました。

エサは思ったより安くて150円くらい。

 

いろいろ見ていたら、いろいろ欲しくなる(笑)

10代のころ熱帯魚にハマっていた頃を思い出しました。

 

水槽の水も濁ったら嫌だな~ということで、濁りを取る液体も買いました。

「麦飯石 濃縮液 納豆菌入り」

おおっ!よく解からんけど、納豆菌が良さそうです(笑)

でもそこそこ値段は高い・・・。

なんだかんだで飼育には、意外とお金がかかります・・・。

f:id:tsuri_thanks:20170521153551j:plain

 早速水槽の中に水草を入れてみると、なかなかいい感じ!

しっかりつかまっています。

 

エサをあげると一粒ずつつかんでパクパク食べてます。

欲張りなエビは2~3個エサをつかんでる。

エサをつかんで食べているだけなのに、見ているだけで楽しい!

f:id:tsuri_thanks:20170517192840j:plain

 

食べ終わったら、数秒間ほど丸まっているのもいました。

なんのポーズが不明です・・・。

f:id:tsuri_thanks:20170521153455j:plain

シラサエビを飼ってから、数日経ってみて気付いたのですが、

愛着が湧いて、釣りのエサにはできませんね(笑)

 

なんにしても、50cmほどの大きさの水槽では、かかり釣りで使うぐらいの

量を飼うのは狭いような気がします(・・・多分)。

 

残念ながらエサにはできませんでしたが、水槽前がわが家の癒しスポットになった

ので、良しとしましょう。

 

 

今シーズン初釣行

仕事や用事でなかなか釣り行くことができませんでしたが、やっと先日

鳥羽の海香さんへ、今シーズン初釣行に行ってきました!

 

当日は深夜2時半に起きて、荷物を車に乗せ終わったとき、

おなかが「ぎゅるる~」っと鳴り、急に腹痛がっ!

そしてトイレにダッシュ!

 

トイレから出ても腹痛は治まりませんが、とりあえず出発しました。

しかし、5分と経たずガマンできずにコンビニのトイレにダッシュ!!

原因として思い当たるのは、昨日の夜少しすき焼きを食べすぎたせいか?

とにかく腹の具合は最悪でしたが、釣りに行きたい一心で渡船屋さんに向かいました。

 

腹痛に耐えつつ運転し、渡船屋さんに着くも、トイレで時間費やしてしまったので、

到着が遅くなってしまいました。

そのため、あまり雰囲気なさげな筏に渡されました。

 

いつもはダンゴエサを事前に家で混ぜて持っていくのですが、

今回は時間に余裕がなくて用意できなかったので、前から少し気になっていた

さきちさんの「ブルーステージプレミアム」を買いました。

どんな配合エサが合いそうなのか、下調べもあまりしていなかったので、

配合エサは家にあった昨年の残りを適当に混ぜました(笑)

f:id:tsuri_thanks:20170505152737j:plain

エサを混ぜ終え、竿の準備ができたころには、多少腹痛もおさまってきたので、

いざ釣り開始です! 

 

10時くらいまでは、フグがいっぱい釣れました(笑)

それ以降は、全く生命反応無し!

暇なので何か食べたいけど、まだ腹の調子が悪いので食べれず。

途中あまりの眠さに横になって寝ころがるも、床板の隙間風が寒くて寝れず・・・。

 

今回はシーズン初釣行以外にも、おこづかいを貯めてやっとの思いで買った

黒鯛工房の「チヌセレクションXT」のデビューなので、なんとか釣りたい!

f:id:tsuri_thanks:20170505154132j:plain

しかし、カキ棚の整備?養殖?のためか、何艘もの船が往来して、その度に波が

来るので、ゆらゆら揺れて釣りにくい!

 

厳しい状況の中、 16時頃やっと当たりが!

思い切り合わせ、リールを巻くと上がってきたのは、

20cmほどのチャリコ・・・。

 

でも、やっとこさ時合いがきたのかと思い、急いでシラサエビをつけて

ダンゴを落とします。

少し待つと穂先に微かな当たりが!

チヌの当たりかなにか判らないけど、思い切り竿を振り上げます!

一瞬手応えがあったものの、すぐ外れました・・・。

 

なんとか新しい竿で釣りたく、時間ギリギリまで頑張りましたが、

残念ながらチヌは釣れず。

 

この日の反省点としては、やはりダンゴエサは使い慣れたものがいいと思いました。

握り加減が微妙に変わって、多少やりにくかったです。

 

あとは、船が近くを通る時の波の対応方法ってあるんでしょうか?

常連さんを除けば、基本的に早いもん順で釣果が期待できる筏に渡されると思うので、

早く渡船屋さんに到着するようにするしかない・・・かな!?

 

とにかく今シーズン初釣行は厳しい結果になりました。

 

釣行費

お金以外に時間も掛かる

 釣行には必ず費用がかかります。

エサや糸・ハリなどの消耗品や、自分の食料、交通費他・・・。

私のように、海に面していないところに住んでいる人にとっては、交通費もバカに

ならないのではないでしょうか?

正直、三重県在住の方が羨ましいです。

 

交通費だけではなく、時間も掛かりますからね。

私の場合、鳥羽まで車で約2時間半です。

その分、睡眠時間も少なくなるのが辛いです・・・。

ですので、釣りの途中で必ず眠くなり、筏の上で30分から1時間程昼寝します。

昼寝しないと帰りに居眠り運転してしまう恐れがあるので。

 

f:id:tsuri_thanks:20170327215558j:plain

 

かかり釣りはお金がかかる!?

私の場合、1回釣行するのに1万5,000円ほど掛かります。

以前やっていたウキフカセ釣り(堤防)と比べると、恐ろしく高いです。

これだけ費用が掛かると、私のおこづかいでは月に1~2回しか釣行できません(涙)

渡船代はしょうがないとして、交通費を削ろうと思い、高速道路を使わず一般道を

通ってみたことがありますが、ハッキリ言って疲労度がハンパないです。

一般道なので時間が掛かる、なのでその分早起きする、結果眠い!帰りも同様です(笑)

これは若い時しかできない節約方法ですね。何回かチャレンジしましたが、40代の体力

というか、私の体力では危険です。

 

次に節約しようと思ったのは“エサ”です。

まずはダンゴ。   

コイン精米でタダでもらえる“ぬか”と、ホームセンターで買ってきた“砂”を

混ぜ合わせます。

実際に使ったところ、うまく固まらない!あとはコイン精米に行ったり、事前に配合

したりするのが面倒で止めました(笑)

 

ならば、サシエサを節約しようと考えましたが、持っていく種類を減らす勇気は

残念ながらありませんでした。

できる限り種類を持って行って、その日の当たりエサを見つけたい!という思いが

あるからです。

といっても、私の場合4~6種類ほどですが・・・。

 

しかし、かかり釣りのエサの量は、ウキフカセや落とし込み、ウキダンゴ釣り

といったほかの釣り方に比べると多いですね。

なぜ多いのかよく解かりませんが、イカダやカセが沖にあるからですかね?

ちぬ倶楽部に載っている有名な方たちのエサの量は、私からすると本当に使い

切れるのかと思っちゃうのですが、たぶん手返しの速さが違うんでしょうね。

ましてや昼寝なんかしないだろうし(笑)

 

結局のところ・・・

 かかり釣りはお金が掛かる釣りですが、私はイカダの上のプライベート感(笑)が

大好きです。

堤防だと割り込みなんて当たり前ですし、タコ釣りの人なんかは、私の竿の下に

自分の竿を入れてきますから。

 

私の努力では節約するのは無理なので、シラサエビが少しでも安価になることを

期待します!!

 

 

 

 

 

乗っ込み

鳥羽はそろそろ・・・

私のホームグランド ”鳥羽” は、もう少しで乗っ込みに入るころでしょうか。

それともすでに乗っ込みが始まっている!?

正直、いつから乗っ込みなのかよくわかりません(笑)

 

場所や水温で乗っ込みの時期は異なるそうですが、私のようなサラリーマンは、

休日出勤があったり、家族の予定があったりで、“行きたいときに行く"という

ことが、なかなか難しいです。

 

私の場合、釣りに行けるのは月に1~2回、用事があって都合が悪ければ

行けない月もあります。

そのため、釣行日程を決めたら、雨が降ろうが強風が吹こうが行くしかありません。

機会を逃したら、次はひと月後になる可能性大ですから(笑)

  

過去には 

昨年の釣果を見てみると、4月はタナゴしか釣れていませんでした。5月もエサ取り

だけで、乗っ込みとは無縁でしたね(笑)

 

だいぶ前ですが、1度だけ春先に良い釣果がありました。

その日はものすごく海が濁っていて、朝から活性が低く気配も無かったのですが、

午後やっと30cm級が1枚、夕方前に45cmが1枚釣れて嬉しかった記憶があり

ます。

黒鯛工房の竿を買って、その日がおろしたてだったのですが、片付けているときに

穂先が糸にからまり、少し引っ張ったらポキッと見事に折れました。

買ったばかりなのにとショックでしたけど、やはり釣れていたらショックも和らぎ

ますね。ボーズで折れるとかなり凹みますから・・・。

 

いつ釣行しようか

気温はだいぶ高くなってきましたが、水温はおそらく今が一番低いのではないか(あく

まで推測です)と思います。ですので、活性はまだまだ低いかなと。

 

ここ1~2週間ほど、鳥羽周辺の渡船屋さんの釣果を見ると、40cm級のチヌが

ポツポツ釣れている様子です。

いつも渡船屋さんの釣果を見ていると、自分も行けば同じくらい釣れると錯覚して

しまいます。

でも実際は違うんですよね・・・。渡船屋さん釣果のホームページに 載っている

のは、あくまでも釣れた人たちで、釣れていない人も日によってはたくさんいる

はずです。

 

また、平日良い釣果が連続して出ている時、次の日行こうと思っても、私みたいに

土日しか行けれない人は辛いですね~。

木金曜日に良い釣果が出ていて、運良く土曜日行けれたとしても、だいたい常連さんが

良い筏に渡されるんですよね。平日行けれる人が羨ましいです。

 

それでもやはり渡船屋さんの釣果をチェックして、比較的釣れている場所や時期を

狙って行くのがいいのかもしれませんね。

 f:id:tsuri_thanks:20170315223525j:plain

 

 

 

かかり釣りにハマった経緯

最初にハマったバス釣り

 

 中学生のころ、近所の池でフナ(ヘラブナではないです)から釣りを初めて、

すぐにバス釣りにハマり、よく野池に通っていました。

 

10代後半になると興味もなくなり、全く釣りをしていなかったのですが、

8年ほど前に会社の先輩にしつこく!?誘われて、バス釣りを再開しました。

会社の同僚や先輩たち10人ほどで琵琶湖に行き、釣果を競い合っていました。

f:id:tsuri_thanks:20170305223629j:plain

 

次にハマったウキフカセ釣り

 あるとき、また会社の先輩に海釣り(チヌのウキフカセ釣り)に誘われました。

違う釣りを体験するのも悪くないと思って、道具も一式揃え、静岡県

浜名湖に釣行しました。

昼過ぎから夜8時ごろまで教わりながらやって、結局1匹しか釣れませんでしたが、

その1匹がチヌでした。

ただ、その時はチヌという魚をよく知らず、”銀色のちっこい魚”という印象だけ

でした。なぜなら20cmにも満たない大きさでしたから(笑)

でも、なぜか楽しかったのですね。またチヌを釣りたくなって、一人で行くように

なりました。

 

なんでチヌが釣れないの?

 

ところが、やれどもチヌは1匹も釣れず・・・。

愛知県内の堤防では釣れないと思い、今度は福井に行くようになりました。

堤防では釣れない・・・今度は地磯に行くようになりましたが、何をやっても釣れず。

ちぬ倶楽部やウキフカセ釣りの本を読んだり、DVDを見たりして、知識だけは

一人前になりました(笑)

まあ今から思うと、

1.腕が悪かった

2.2~4時間しかやらなかった

3.教えてくれる人がいなかった

以上が釣れなかった主な要因ですかね。

もう一つ悪かったのは、仕掛けが適当でした。雑誌に載っているテスターさんの

仕掛けをそっくり真似すれば良かったものの、お金を掛けたくない(糸とかウキは

安物)のと面倒臭いということで、やっていませんでした。

チヌが釣りたい割にはいい加減でしたね~。

 

結局、そんな感じで2年半ほどウキフカセをやりましたが、最初の1匹以外

釣れませんでした。

で、これが最後と思い、福井の堤防に出向きましたが、やはり釣れず・・・。

 

かかり釣りをやるきっかけ

 失意のなか、ちぬ倶楽部を見ていたら、イカダでたくさん釣れている記事が載って

いました。

以前から、かかり釣りは気になってはいたんですね。

 

ウキフカセ釣りより、かかり釣りの方が釣れる確率が高いのでは?

そこで思いました。

”よしっ!1度やってみよう”

 

もう会社の先輩・同僚に毎度ボーズとバカにされたくない!

チヌが釣りたい!

イカダで釣れなかったら、もうチヌ釣りは止めよう!

かかり釣り、イカダでだったらチヌが釣れるだろう、いや釣れるはず(笑)

それが、かかり釣りを始めるきっかけでした。

 

 

 

 

 

チヌについて

チヌの性質

よく”チヌは警戒心が強い魚”といいますが、実際にはどうなのでしょう?

私はよくわからないので、本や雑誌等に書いてある通り、なるべくイカダの上では

ドカドカ歩かない、金属音をたてないようにしています。

 

かかり釣りだとエサを数種類持って行って、その日は1種類のエサでしか

釣れなかったり、違う日にはどんなエサでも釣れたり・・・気分屋ですね。

 

あと”繊細かつ大胆”ともいいますが、私の前ではほぼ繊細のことが多いです(笑)

 

f:id:tsuri_thanks:20170226151816j:plain  

チヌの味

  よく夏は美味しくないとか、冬はおいしいとか聞きます。

確かにチヌを捌いたときに、夏よりも秋や冬のチヌの方が

腹から脂のかたまりが出る量が多いんですね。

ということは、身の部分にも脂がのっているということなんだろうと思います。

場所によっても脂のノリや磯臭さが違うような気がします。

 

 昔バス釣りをしていた時は、釣るだけの楽しみでしたが、

チヌ釣りを始めてからは、持って帰って食べる楽しみがあります。

始めたころは、もっぱら塩焼きと刺身で食べていましたが、次第に飽きてきました。

そこで、他の調理方法も試してみようということで、今よく食べているのが

この二つです。

 

・チヌのしゃぶしゃぶ

薄切りにしたチヌを鍋でしゃぶしゃぶするだけです(笑)

皮付きの方が見た目にも美味しそうです。

以前、たまたま釣れた高級魚のマハタを、船頭さんが「どう調理してもうまい魚」

「チヌより断然うまい」「鍋は最高」と言っていたので、チヌと一緒に

しゃぶしゃぶにしましたが、どちらも同じくらい美味しくてチヌも

負けていませんでしたね。

 

・チヌの一夜干し

ウロコと内臓を取って、魚の大きさにもよりますが2時間ほど塩水に漬けて

一晩干すだけです(笑)

あくまでも個人的にですが、塩焼きと比べると断然一夜干しの方が美味しいです!

干すことで余分な水分が抜けるからですかね。

一夜干し用のネットが売っていますが、私のはキャンプで使う食器を乾かす用の

ネットを使っています(どちらも同じものかもしれません)。

ちなみに私はやったことがありませんが、冷蔵庫でも一夜干しできるみたいです。

 

チヌの魅力

私にとってチヌの魅力とは・・・よく解りませんが!?やはり銀鱗の精悍な

顔つきでしょうか。

釣りをしない人からも、「銀色でカッコイイ」と聞いたことがあります。

あとは、堤防とかだとなかなか釣れない(上手な人は釣ってますけどね)ので、

簡単には釣らせてくれないチヌの賢さが魅力なのではと思います。

 f:id:tsuri_thanks:20170226152359j:plain

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

●魚のうろこが飛び散らない うろこ取り 名光通信社
価格:820円(税込、送料別) (2017/2/26時点)